青汁を飲むと得られるメリットとは?

投稿日:

青汁が健康によいのは有名ですが、飲み方にこだわることでさらに効果的になります。
まず飲むタイミングですが、これは食後がベストだと言われています。

薬ではないのでジュース感覚で飲んでもいいのですが、食後は胃腸が活発になっており、栄養素がスムーズに吸収されるのです。
吸収率が高い状態ですから、栄養素をムダにすることなく体内に取り込むことができますよ。

和食

 
ほとんどの方は栄養素の配合量にだけ着目しますが、吸収率もそれと同等かそれ以上に重要なのです。
栄養素は吸収されてこそ意味があるものであり、吸収率がゼロならば摂取しないのと同じことになります。
空腹時よりも食後のお茶がわりとして飲んだほうがいいわけです。

 
青汁にはミネラルのカリウムが多く含まれているため、塩分をよく摂る方にもおすすめです。
ナトリウム2に対してカリウム1の割合で摂取する必要があるため、塩分の摂取量が多い方ほど、それに比例してカリウムも必要になるのです。
カリウムは野菜に多く含まれるミネラルなので、野菜不足の方は不足しやすいので注意が必要です。

 
天然の食物繊維が多いのも青汁の魅力でしょう。
食物繊維は膨満感を促すことで、食べ過ぎを防いでくれる役割があり、お腹の調子が悪い方が飲むと、翌朝のすっきりを体験できるでしょう。
ぽっこりお腹が気になる方からも好まれております。
食物繊維はサプリで摂取するよりも、天然由来の成分から摂取したほうが速やかに吸収されるのです。

-青汁についての豆知識・コラム
-, , , , , , , , ,

Copyright© 30代からの健康食品!厳選して飲み比べした青汁の人気比較ランキングはこちら , 2018 AllRights Reserved.