煎茶感覚で気軽に飲むなら「サントリー 極の青汁」

投稿日:2017年4月7日 更新日:

あなたは、普段から緑茶を飲んでいますか?
もし、緑茶(煎茶)感覚で飲める青汁があったとしたらどうですか。

緑茶を急須で

私は、お茶が好きで普段から緑茶を飲んでいます。

  • ほっと一息ついて落ち着きたいとき
  • お弁当を食べるとき
  • 普段の食事と一緒に飲むとき

この前も、朝お湯を沸かして急須で緑茶を作り、水筒に入れて持ち歩いていました。
たまたま、緊張してしまう場面があったんですが、
いつも飲んでいる緑茶を飲むことでリラックスして臨むことが出来ました。

そんな緑茶ですが、日本で一般的によく飲まれている緑茶は、煎茶と呼ばれる緑茶の種類です。
私がいつも飲んでいる緑茶も、煎茶です。

煎茶と緑茶は全く別のお茶だと思われている方も多いようですが、
緑茶の一種が煎茶なんです。

煎茶について

お茶の木

緑茶はお茶の葉を摘み取ったあと発酵を止める、不発酵茶です。
その緑茶の中で、煎茶や抹茶、玉露、番茶など、
お茶の木の栽培方法や、収穫時期、飲み方などの違いによって名前が付けられています。

そのため、それぞれに味わいなどの特徴があります。
煎茶はその中でも比較的すっきりとした味わいなので、日常的に飲まれているんですね。

煎茶配合の「極の青汁」

極みの青汁

そんな煎茶を配合している青汁が、「極の青汁」です。
開発担当者の方の「”青汁はまずい”というイメージをくつがえしたい。」そんな思いが込められた青汁。

何百回もの配合やテイスティングを繰り返した結果、煎茶と抹茶にたどり着いたそうです。
確かに飲んでみると、普段から飲んでいる煎茶のような感覚!
青汁の独特な臭みなどはあまり感じられませんでしたが程よい苦味がありました。

また、ほんのりとした甘みはありますが甘すぎないので、

「甘い青汁は苦手だな~」
「青汁は食事とは別に飲んでいるけど、面倒だな~」

と、思われている方には是非オススメです!

「極の青汁」なら飲みやすいから、

  • 普段の食事のおともに
  • スティックタイプなので旅行先での食事に
  • 抹茶の風味も感じられるから3時のオヤツのおともに

と、色んな場面で手軽に飲めるから、自然と青汁を生活の中に取り入れることが出来ます。

栄養素も充実

極の青汁の粉末をお皿へ

また、飲みやすさだけではなく、熊本県阿蘇などの国産(※)大麦若葉や屋久島など国産(※)の明日葉などと、野菜の栄養素も摂ることが出来て、国産の素材を使い産地にもこだわっています。
その上、ケルセチンプラスも配合されていて、野菜を引き出して体に届けてくれます。

普段から、煎茶を飲むことも多いであろう50~60代の方は、いつも飲んでいる煎茶の一杯を
この「極の青汁」にするだけで、いつものお茶感覚で飲みながら野菜の栄養素も摂ることが出来ます。

※2015年の年間使用量ベース

まとめ

日常的に私たちが飲んでいる煎茶が含まれているからこそ、飲みやすい。

普段のお茶感覚で青汁を続けていきたいという方はこの「極の青汁」で、
かしこく気軽に健康維持をサポートしていきましょう!

-煎茶
-, , ,

Copyright© 30代からの健康食品!厳選して飲み比べした青汁の人気比較ランキングはこちら , 2018 AllRights Reserved.